私の場合ですが育児疲れは時が解決しました

現在二児の母ですが、一人目の育児は本当に大変でした。もちろん今も育児中であることに変わりはありませんが、0〜3歳くらいまでは悩んでばかりで育児疲れを頻繁に感じていました。というのも私があまり人と接することが得意ではなく、夫は仕事が忙しいためほぼ一日中子供と二人っきりで過ごしていました。

もちろん公園などにはなるべく行ってはいましたが、自分から積極的に友達を作るという感じではなく他のお母さんたちとは会ったその時だけ少しお話しする程度でした。そのせいか子供は言葉の発達が遅く、検診でもよく指摘されていました。そのもどかしさをつい子供に当ててしまい、子供は何も悪くないのに怒って泣かせてしまうこともよくありました。とにかく育児に余裕がなく、他の子とどうして同じように出来ないのかと思うたびに言いようのない疲労感を覚え投げ出してしまいたくなることもよくありました。

母親になる前は当然ですが育児に自信があったわけでもなく、何もかも初めてで何が正解かも分からず必死で育てているという感じです。他の人だってきっとそうなんだと頭では分かっていても、上手く行かないと感情的になってしまい今思い返せば本当に子供に悪いことをしたなと思います。3歳からは幼稚園に入り、子供はたくさんの友達と遊ぶようになり言葉もどんどん上達しました。

私も自分の時間が持てるようになり、少し余裕が出て来ました。その頃はその頃なりに悩むこともありましたが、一人で悶々と考えることはなくなりました。現在は下の子もいて、たまには育児疲れを感じることはありますがそれほど思い悩むことはありません。悩んでいるその時期は時間がとても長く感じるのですが、過ぎてみればあっという間で苦しいのも含めて育児なんだなと思えるようになりました。

これからも色々なことで悩み育児疲れを感じることはあると思いますが、その度に時が解決してくれるのではないかと少し楽観的に考えられるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です